目を見て「ありがとう」と言うこと

飯田市に帰ってきました。

長く感じた名古屋日程…

目にも見えないし、頭では

理解できない領域だけどお仕事する

ギャラクシークルーとして

なんか働いたんかもしれません。

ギャラクシークルーとは?

すごく眠かった名古屋でした。

でもそうしたくてやっていること、

名古屋でお会いできた方々

ありがとうございました。

個人セッション

新しく移転OPENされたスタジオで

クリスタルボウルを。

このシャンデリアに目を奪われる

アーティストさんの色使いは

ホント素敵だなぁと思う。

この土地のエネルギーもあったのか

クリスタルボウルのエネルギーの

すごく広がりを感じました。

近くのカフェで

結局最終日もクリーム白玉あんみつ

スィーツ三昧、笑笑

ここ最近、ホントに楽。

悩みの多くは人間関係と言われますが

少し前までは本当に

なぜか同じパターンの関係性に

悩み、自分を責めたり

また逆に自分を正当化しようとしたり

忙しかった。そういう時って

SNS見るのも疲れちゃう。

自分の反応がイヤで、笑

その問題自体には意味はなく

要するに自分の生き方に集中し

誰に何を思われようと言われようと

私が私を1番好きで愛しているところに

戻ると、人間関係で感じてた違和感すら

あんまりそこにフォーカスしなくなる。

逆に心地よい関係性の中に生きて

心地よいスケジュールの中に身を置ける。

自分の人生において全責任を持つ

全てを引き受ける(背負うとは違う)

だけでいい。違いにガタガタ、ブルブル

しないというだけだ。

こんなにシンプルで良かったんだ…とわかる。

だからなのか…父親も…薄々は感じていたが

本来の姿に戻っていっている。

いつも怒る人、暴力を振るう人

かわいそうな人…必死に頑張って生きてる人

だからストレスを溜める悪循環な人

もうそういう人だから

私がそういう人と上手く関わればいい

私はそれができる人だ。

私の目に父親をそういう人物像として

しか映してなかった。

全くもって失礼極まりなかったと反省。

父親と母親がホームセンターに

乗せて行って欲しいと言ったので

仕事前に連れて行った。

買い物を終えて家に帰ると

父親が私の目をしっかり見て

「ありがとう」と優しい声で言った。

(えっと………誰?)

とかなり戸惑ったが

「いえいえ…こちらこそです」

と頭を下げた。

なんせ初めてくらいの衝撃の事で。

そして最近酷く怒る父親を

見ていないことに気づいた。

世界は優しい、どこまでも。

自分が心から感じるその世界は優しい

という波紋は、人が変わるのではなくて

自分が「この人は〇〇だ」と見ている

自分が勝手に思い込んでいる

囚われというフィルターが

外れていく事だと改めて思った。

父親をありのままに

見ていなかったのは私だ。

自分を整えることを継続し続ける。

家族の目をしっかり見て「ありがとう」

ということが父親は恥ずかしいとか

思う人じゃなかったんだなぁと知った。

とても素直な人だったんだ。

45年父親の娘やってきて

初めてだよ、笑笑。

父親が生きていてくれる時に

こんな穏やかな人だとわかってよかった。

この父親の娘だから

愛する大切な人たちに素直に

思いを伝えることは私にとって

自然なことだったんだなぁと知れた。

飯田に帰って玄関まで出てきて

くれた旦那さんの目を見て

「ただいま、ありがとう」と言った。

《9月のスケジュール》

お気軽にお問い合わせください

お寺ヨガ×足もみを
クリスタルボウルBGMの中で体験する

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし