スマッジングフェザー 手作り 浄化アイテムを自分で作ってみる

欲しいけどピンとくるものがなければ作ってしまおう

今回作ったのは「スマッジングフェザー」

スマッジングフェザーとは

ネイティブアメリカンの神聖な儀式で

ハーブを焚くときに使用されるものです。

例えばホワイトセージを焚いたときに

出る煙を扇ぎ優しくその煙が空間全体に

届くようにする時などに使用します。

自分用に。

お友達にプレゼントする為にもう一つ。

「スマッジングフェザー」で検索して

販売されているものから探そうとしたら

無い!イヤ、正確にはピンとこない。

自分がステキだなぁとか

飾っておくだけでもいい感じ!

みたいなのは無かった。

ならば自分で作ってみましょー

《スマッジングフェザーの作り方》

【材料】
☆羽根☆

こちら羽根の専門店で買いました

羽根の専門店「カマタック」

【七面ホロ フライ】

羽根の疑餌針作りと用途は違うんですが

スマッジングフェザー用の土台となる羽根に

しました。

【孔雀の羽根】

孔雀の羽根が入ったものが販売で見つからず
だからピンとくるものがなかった。

【キジホロ】

どんなデザインにしようと思った時に
七面ホロより小さめなしっかりした羽根が
イメージで湧いてきたので。

【腰毛ミックス】

ふわっとした小さめな羽根が数枚欲しくて
色も茶色が入っているようなものを。

☆革用ボンド☆

革紐やスェード紐巻いて最後に
とめるときにこのボンドを使いました。
しっかりしてていい接着剤です!
レザークラフトにすごく使えそう。

☆水晶ポイント☆

お好みで。自分用にはレムリアンシード
を巻きました。クリスタルは好みなので
無くても大丈夫です。

☆革紐☆

自分用には自宅にあった革紐を使用しましたが

プレゼント用にはダイソーで見つけた

こちらのスェード調手芸ひもが
いい感じでした。

《作り方》

超カンタン

①羽根を好きなように重ねて
木工用ボンドで接着する。

②革紐で持つ部分となる所に
上からグルグルと巻く。
隙間なくキレイに巻くとよい。

③革紐を巻いた上にクリスタルを乗せて
さらに紐で巻いて固定。下に巻いていった
革紐を今度は上に隙間を等間隔に開けながら
巻いていく。

④革紐が巻き始めのところまで戻ったら
皮革用ボンドをつけてとめる

販売されてたのは3000円から5000円

自分で作ればお安く作れるし

スマッジングフェザーだけなら

1つ1400円くらい。そこに好きな

クリスタルを合わせる。

自分の気に入ったクリスタル

つけてワンドにすることもできます。

スマッジングフェザーを扇いでくる風は

スーっとして気持ちがいい。

セージを焚いて

クリスタルやワンドなど浄化される方

自分自身への浄化に。

まぁ、気持ちよいから私は使いたい!

持っているといいなと思った

浄化アイテムです。

カンタンなので作ってみてくださいね〜

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし