この日、この瞬間がありがたい、そんな感覚のためのプロセスが必要な時もある。

蟹座新月クリスタルボウル演奏会

無事終わりました。ありがとうございました。

去年10月から毎月始めた

自宅クリスタルボウル演奏会

師匠に毎月やってコツコツ

継続し続けることが大切

と背中を押されました。

毎月定期開催、継続する

ってとこが正直苦手だと思って。

だから勇気がいりました。

まずは参加者の方がいなくても

私はこの自宅で演奏しよ〜と

思い始めました。

私はこのクリスタルボウルの

純粋な愛を1人でも多くの人と

共に分かち合えるという事が

幸せでたまらなく喜びです。

ホントに好きなんだなぁ…と思います。

今月もキャンドルいっぱい灯して

お花も。このお花昨日旦那さんが

仕事先で頂いたのを私にくれたお花

写真だと分かりづらいのですが

上の写真より

クリスタルボウルの側にいた

お花たちのほうが、明らかに

花びらがピンとなりしっかり

元気になってます。肉眼で見ると

はっきりわかる。

参加者の方が大切に

会話をしながら育てたズッキーニ

シンプルにオリーブオイル「れなり」

で焼いて食べてみて美味しい〜

甘い。ズッキーニってこんなに

ふわっとしてたっけ?

愛をいただいているのですね。

ズッキーニの他に

今日はお義父さんお義母さん

のつくった野菜をいただいてご飯。

「泣いてやろうか」←カジサック

「この日、この瞬間が幸せだ」

旦那さんと洗濯物を干しながら

私はそう言った。

こんな日は正直想像なんて

できなかった。

よく思考は現実化するとか

引き寄せ、イメージとか言うけど

それがわかんないくらい

悲しみや絶望しかないし

諦めがどうやったって湧いてくるし。

抜け出さないループに

エネルギーが枯渇していく。

この世界は幻想だとか

その辛い現実は切り替えられる

与えられたギフトだとか…

確かにそうさ。あぁ、そうさ。

だがしかし、

言われても感情がおっつかないよ…

そう思えないから辛いんぢゃんって

事なんかいくらでもあった。

拗ねてました。だけどそれも私。

だから私はただこの世界は幻想で

全て愛で済ませられるかよ!

って噛み付きまくったことも

どこまで続くんだって感情にひたすら

向き合ったことも今はよかったと思える。

そん時はわからない領域もある。

同じ体験ということではなくて

お相手の方の体験を通して

感じるヴァイブレーションを

自分も感じた体験があり

その周波数に合うことができて

その周波数をこれも愛なんだと

気づきや目覚めをサポートする。

身をもって学んできたのは

師匠がよく言っていた

「体感体得」ってやつを

知りたかったし、コツコツ継続した。

この日、この瞬間を幸せだと思える

日が本当にやってきたから。

私がそうされてきたように

助けたり救ったりするためではなく

その必要があるのなら

感情に丁寧に向き合うサポートもする。

自分ではわからない領域、

嫌だと思う出来事から感じた感情があり

その方の事実や真実となっている

ことを「それ幻想だから」と済ませない

領域もあるということです。

丁寧に統合していく時も必要

だと思っている。

その場を完全に信頼し

準備が出来ている人には深い領域まで

解放のサポートをするし

その方にとって今この場では

そのタイミングでないなら

その領域への愛の気づきが

いつかどこかのタイミングでと

祈り、その人の最高最善があるので

深くは触らない。

それも私が決めるのではない。

人によってその瞬間はみんな違う。

「全ては自分が創造している」

のですが、私たちは平面じゃないし

ある側面では全て幻想、全て愛

で自分とつながる世界があるし

そうではないまた違う側面の領域もある。

人間って奥深い領域を持つ存在

だからめんどくさい、笑笑

だけどめちゃくちゃ面白い。

傾聴し共感し深い愛に導き目覚めを誘う。

それを見せてくれていた

師匠の偉大さはやっぱり

すごいなぁと自分の足で立てば

立つほど感じるのです。

話が逸れましたが

ドラマチックに感情解放劇場で

癒されようということではないから

安心安全に優しいプロセスも

選択できるということです。

人間だからあらゆる感情は

たくさん味わってみることも

魂からしたら一つの経験。

どんな感情も感覚も奥行きある

幅広い深みのある人間だからこそ

味わえる領域がある。

ごまかさずハートが痛むことも

ハートが喜ぶことも全てを丁寧に

慈しみ尊ぶ。どれも自分のかけら、一部。

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし