「病気は音で治療できる」という主張に対しての本格的な試験が始まるという事に関する記事

私はクリスタルボウルを通して音を奏でることによる影響、効果をより伝えていたけたらいいなと思っています。

音による治療という可能性

面白い記事を目にしました。

偶然ではないなと思い、

この記事をシェアさせていただきます。

一部引用してこちらに載せます。

ピタゴラスの 2500年前の仮説である「音による治療」の試験がおこなわれることは、音、そして真の音楽療法にむすびつく明るい未来につながる可能性がある。

私たちは、病気を薬のような異物の服用だけで治そうとする世界ではなく、病気を「音で治療することができる未来」を作ることができるのかもしれない。

記事全部はこちら

奏者として大切にしていること

私は師匠から

クリスタルボウルは

楽器という枠を超えた

「ヴァイブレーションメディスン」だ

という教えを受けました。

音による治療。

記事にはこんな事も書かれていた。

オーケストラで演奏者たちが互いに異なる楽器で調和をさせていくように、生命の組織もそれぞれが非常に調和のとれたバランスで保持されている。しかし、病気や不調が発生すると、複数の「演奏者」たちが不調和を起こし、生物にとって不自然な振動を引き起こす不均衡が生じる。

私はいつかどこかで

この音による治療をしていた

ことを知っている気がする。

スピリチュアルな不思議な世界とか

一部の人たちだけに受け入れられる

世界とかじゃなく、より科学的に立証

されていく音の世界、

クリスタルボウルの必要性を

伝えたいと思っています。

クリスタルボウルに

この地球で出会えた時に

いつか奏でたいと思った。

このクリスタルボウルを奏でる私に

なるための準備を進め今に至る。

シータヒーリングで

各臓器の奏でる音、周波数という

学びをした。

そして音で癒すという事も学んだ。

ホントに奥深さを感じます。

まだまだ一側面で、学びは続く。

奏者の在り方、意識、奏で方で

クリスタルボウルの持つ

純粋なエネルギーの放たれ方は

全く異なってくると言われる。

クリスタルボウルが100%

純粋な愛の周波数の存在でクリアだから。

この宇宙の全てが波、振動で

存在していて、

私たち人間も振動、周波数の存在。

自身のありのままの波動が

クリスタルボウルを通して

波紋として広がる。

奏者の私自身が

内側の調和で満たしていく。

愛と調和を自分の細胞、全てのレベルで

あらゆる領域で理解し呼び覚まされる

ことが大切だなぁと思い

日々自分と喜びで

真摯に、でも深刻に

なることなく向き合っていくのです

尊重し認め合い共存し貢献する

病院も薬も漢方薬も

西洋医学も中医学も

代替療法、自然療法も

私はどれも偏ることなく必要だと

感じています。

どれがいい!とか

音楽療法がいいんだ

とかって事ではなく

この新しい地球に生きる全ての人々が

健やかに平和に満たされ生きていくには

チカラを合わせていけたら

いいのかなと思っています。

1人1人が持つ特質、役割を

尊重し認め合い社会に貢献していく。

「宙〜そら〜と響きあう冬至の潤う会」

星一つ一つにもエネルギーがある。

星の流れの持つ意味を知る。

2019年の星のお話を聞き

あなたに必要な星のエネルギー(周波数)

のヒーリングと

クリスタルボウルの音色(周波数)

のコラボレーション

koshizu さんとのイベントで

それぞれの周波数を体感していただけます。

あなたの潤いとなり

2019年の飛躍につながっていくでしょう。

ただ今募集中です。

「宙〜そら〜と響きあう冬至の潤う会」

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし