自律神経のバランスを調えることは考え方、在り方のバランスを調えること

自律神経の乱れからくる肩こり、頭痛、様々な不調。私は喉や気管支に出やすいです。もちろん不調が出ない事は素晴らしい事かもしれませんが…

カラダの様々な不調はダメじゃなく素直で正直なカラダからの愛のメッセージなのです。

私たち人間には自分で自分を癒すチカラ、調える事ができる自然治癒力を持っています。だからこそ自分が自分自身に全て責任を持ち自立した生き方は頼り甘える事も自然と受容できていきます。

自分が何とかしなきゃってのを置いといて何ともならんかったら頼りましょう。

逆に自分にはできない、価値がない、誰かや何かが楽に幸せにしてくれると感じるなら自分の偉大さに気づいていきましょう。

自ら世界を創造できるとだんだんと知ることになるし、自分の領域ではない神の領域に触れられない事や委ね切る事を知っていきます。

全て自分の段階において気づきがやってきます。

自分の足で立つから相互依存を知り、頼り頼られ、支え支えられる、与え与えられるという喜びの循環が起きていくのを自分の生きている日常生活で味わうようになっていきます。

それが自律神経のバランスを調える内側の大切な気づき。

交感神経、副交感神経がどちらもバランス良く働いてリラックスも大事、思い切り情熱で輝き動くも大事。どちらも大事🌍🤗

もちろんカラダの外側からのケアも大事です。ココロとカラダ、内側と外側、全て繋がっているからです。

この世界はいつの瞬間も絶え間なく愛しかない。愛は自分が思っている愛の定義だけではないかもしれません。

自分が見て聞いて感じる世界は自分の映し出す世界。自分をどこまで信頼しきれるか。一点の曇りもないほどこの世界を信頼しきれるか…自己信頼が深まれば深まるほど自分が映し出す世界はまるで変わります。

辺り一面お花畑で自分の期待する愛や幸せしかないって世界になるよって話ではなく、それまで信じていた自分の正しさや正義や信念、ご先祖さまたちから引き受けているもの、いつかの時代にこれが絶対の愛だと思い込んだもの、光であることの概念に次々と違和感が起き、自分を癒し気づき開放され外れていくので、今目の前の世界をありのままニュートラルに見やすくなります。

そしてどうあれ自分のいのちの喜びに生きやすくなる感じがしています。あれもこれもそれも自分の目に映る世界は全て愛だったのね…と気づいていける感動

全てがプロセス。今いる場所で得ているものを大切に、色々気づきを得ながら自分と深くつながる旅をゆっくり焦らず生きてみましょう。

自分を調える事をあらゆる領域から大切にしていきましょう٩꒰⍢ ꒱۶⁼³₌₃
via PressSync

この記事を書いた人

井坪 直美

長野県飯田市在住
自分の持つ本質で 望む人生を楽しく生きることを実践中。人とのつながりが豊かさ。クリスタルボウルと共につながるご縁の土地へどこまでも。クリスタルボウルの音と光、アロマオイルのステキな香り、手から優しさや安心感が伝わる整体、幸せと平和の波紋を広げます。
井坪直美(いつぼなおみ)
詳細プロフィールはこちら

つぼちゃんもみほぐし