映画「ひろしま」自分がどうあっても平和で在ること

先週見た映画「ひろしま」初めて知りました。

どなたかがFacebookでシェアされてて

知りました。

1回目見た時は、結構映像が強烈で

実際に被爆した広島市民が映画に

参加しているので、そのエネルギーが

ホントに痛かった…辛い…

ハートがギュッとなって

重くなった…モヤモヤしたから

なんでモヤモヤしてるのか

自分に聞いた。

かわいそうとか、自分の悲しみや

やり場のない自分の内側の憤りに

蓋をしたかったからだった。

ダメな感情だと咄嗟に判断した。

世界の中にいる自分になってしまったからだ。

ストーリーとして自分が世界だと

理解した上で事実として見る。

もう1回映画を見てみた。

今日、藤本さきこさんのブログ

を見て…

「平和になろうとするな、平和で在れ♡」

このブログ見た時に

すごくしっくりきました。

映画を2回目に見た時の感覚の違いを

言葉にしてくださった感じが

して、勝手にありがとうございます!

と思いシェアさせていただきました。

この瞬間に自分が平和で在る。

その自分が祈る。

私がどうあっても内なる平安、

穏やかさ、豊かさ、平和に

繋がっているという信頼。

最高最善にしかなってない。

もうそういうもんだから。

幸せになったら平和を感じられる

とかってことじゃない。

私たち1人1人が今すぐ平和で在れる。

外側の状況とか環境に

影響されるものではないと理解する。

平和で在るということを

今この瞬間

自分がどれだけ世界に見ていくか。

そんな気がした。

だから自分に優しく愛して

住むおうちが整ってスッキリ

していることも

食べることも

カラダをいたわることも

地球への優しさも

仕事も

人との関わり方も

できるようになってくる気がする。

外側ばかりに目を向けて

平和になろう

地球を守ろう

世界を変えようってのは

やっぱり私は違和感だ。

いろんな捉え方があっていいから

これも一つにすぎない。

《9月のスケジュール》

夏の疲れを吹っ飛ばすよー!
お気軽にお問い合わせください

シンギングボウルとクリスタルボウルの
音色に包まれ、ほうほうさんの美味しい
ランチを食べよう♬

お寺ヨガ×足もみを
クリスタルボウルBGMの中で体験する

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし