夫婦関係の心地よさの距離感とか家での居場所

夫婦の距離感

たまたまテレビで「睡眠離婚」って言葉を初めて知った

睡眠離婚ってなんだ⁇

「睡眠離婚」って夫婦の睡眠を

別々の部屋にすることを言うのだそうだ。

パートナーのイビキがうるさいとか

室内の温度の感じ方が違うとか

理由は様々あるけれど、同じ部屋に

寝ないと離婚になるんだとか。

なんでも言葉を創っていくのが

面白いなぁと思う。

仲が良い夫婦=同じ部屋に寝る

そんな決め付けやめて

1年前から「睡眠離婚」してます、笑

一年前の2月4日のブログに

立春、始まりの日に夫婦の寝室を

分けたと書いてました。

そのブログ、1年前はアメブロだった。

自分やパートナーの心地よさを知る

ご近所の方々に

井坪さんの奥さんは

「よく居ないけどどうしたの?」

と聞かれ「名古屋に帰ってます」

と旦那さんは答えたらしい。

どう見られるかを気にしていた頃は

家を放ったらかしにして

しょっちゅう居ないってどうなの?

と自分で縛りつけてた。

2019年は名古屋滞在がもう少し

増える予定。

夫婦とはこういうものだという

誰かの考えや集合意識から外れて

自分の心地よさや愛を大切にしていく。

母親は未だに心配をする。好き勝手わがまま放題の娘が

何日も家を空けて離婚を言い渡されやしないか。

縛り合って家に存在し合ってた両親なので

私の行動が理解できないらしいのですが

そりゃ無理ないし、理解できない

気持ちも分かる気がする。

そして理解して欲しいとも思わないし

自分の生活スタイルがこうなだけで

これがスタンダードで誰にとっても一番よいとも思ってないから

他人が理解する必要がない感じもします。

居場所について

結婚して3年くらいは

ケンカするたびに旦那さんは「この家に

俺の居場所はない!!」と言ってました。

今ケンカは驚くほど無くなったので

気にもしてなかったけど。

女性の強さ、男性の居場所についての事

をある方と電話で話していましたら

無意識に戦い家は女の守るもので

家とは女の居場所だってマーキングして

旦那さんを排除してたのかもしれない

と当時のことのさらに深い無意識が

見えてきた。

以前の結婚で家を買うとなった時にも

買うのは私じゃないけど

私がこの家がいい!と決めて

私の好きなようにして、元旦那は

ほぼ毎日深夜まで仕事で家には居なかったな。

ホントに仕事かよっ!?って一切信じてなかったけど。

じつはその現象は私のマーキング効果で

起きてたのもあるかも?!、笑

わたしも深夜まで帰ってこないことが普通だったので

たまに早く帰ってくると、こんな早く帰って来られると

私のリズムが崩れんだけど・・・とイラッとしてた(反省)

そんなことを思い出した。

今の旦那さんは毎日遅くても7時頃までには

帰ってくるし、ほとんど飲みに行かないし

ゴハンも一緒に食べられる。

が、やっぱり彼も会社で過ごす時間が長く

休みなはずの日も疲れたと言いながら

義両親やお義兄さんたちは

休みなのに会社で仕事があるからと

黙々と仕事をするスタイル

私のマーキングの名残り⁇、笑笑

家で旦那さんも居場所だと感じる

ホッと安心できる家のビジョンを

見てるから、私のマーキングは

キレイに消臭するか、笑笑

ここは私の居場所だ!と夫を

排除するつもりはなかったのよ…笑

けど無意識でマーキングしてテリトリー意識

の波動バンバン出してたら、なんか旦那さんの

家での居心地悪そうですよね、笑

小っ恥ずかしい・・・

自分じゃマジで気づかない、笑

無意識の領域はホントに面白いです。

もうアホになり笑ってしまおう・・・

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし