久しぶりにキモい場所へ行って衝撃受けた話

激しく怒りが湧く。
そしてその奥はやっぱり凄く悲しいだった。

ネガティブな内容なので

苦手な方はスルーしてくださいね。

クソ腹立ってたことが

久しぶりに会ったことで

浮上してきた。

こうしておいた方がいいだろうな

って気持ちで行動した結果、起きた現実で

そこ、ノーマークだったなって領域。

自分の本音をごまかす。

笑ってごまかす。

傷ついてないふり。

とても悲しんでいた。

なんでもないよと無かった事にして。

不安や寂しさや孤独を

平気とごまかして、やり過ごす。

そうやってごまかして

気づいたら自分を明け渡して

全然違う人になってしまう。

「うっとーしーわ」

初めて嫌だと言ってみた。

言っても大丈夫だった。

私がイヤなんだから。

それだけのことだった。

で、なぜそんなことになったのか。

親戚が入院、手術なので

母を連れてまぁまぁ大きな

病院に行ったのだけど

息が出来ないほど

すごい匂いがした…(泣)

みんなこの異様な匂いに

気づいてないのか?

全ての病院がキモいわけじゃない。

ここに入院したら、私は

違う意味でまいってしまいそう。

あまり評判がよろしくないと

聞いていた病院、なぜなんだろ

と思っていたが…

土地や建物にも全体に

もっともっと光が必要な

感じがしてその影響もあるなぁと

理解できた。

建物の外に出たら、息が出来た。

必要で行かないといけない場合もあるけど

選択できるなら、自分が

ブレやすくなるような場は

自らやめていく事も大切だ。

プロテクションを改めてしっかりとし

その病院全体にハートを開き愛を送った。

やっぱりブレにくい自分をつくることは

周りの世界をただありのままに

みていける自分になるよね。

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし