最高最善の相性のソウルメイトと出会い幸せな結婚生活を送る自分になるために①

ソウルメイトとの結婚パートナーシップ

2013年「この人だ!って人と出会い結婚して幸せな生活を送る自分になる」そう決めた時、初めて自分の人生を生きようと思った。そこから変わった人生

セッションで恋愛や婚活、パートナーシップをテーマにさせていただくことが多いのは、自分自身が恋愛や結婚、愛について向き合って学び、気づき、変容の連続で、自分が宣言したとおりに翌年、最高最善の相性のソウルメイトと出会って結婚したというお話しをさせていただくとすごく皆さんに驚かれ、そして相談をされる流れになります。それは特別な人に起きる話ではなく、誰しもが創れるということをお伝えさせていただいてます。自分自身の結婚までの道のりやのことも入れつつ、大切だと感じた事などを書いていきたいと思います。

まず自分の本当の声を知る

いい人がいない、出会いがない、結婚したいんだけど・・・という声はよく聞きます。結婚したいその気持ち決めてますか?そしてその気持ちは自分の気持ちですか?

お話しを聞いていくと、今の生活で満たされているし、その生活が結婚することで変わってしまうのがいやだな・・・というかたもおられます。

結婚したいその気持ちは、まずホント?自分が本当に望んでいるということ自体が思い込みだったりする場合もあります。私たちの思い込みは自分自身が創り上げたものや、家系(○○家は代々こうするのが慣わしだ)や両親の遺伝的パターンの思い込みや集合意識など。その思い込みが全てダメというわけではなくて、自分が結婚したいのにできない現実がある場合、その実現したい望みを止めている思い込みをまず知る必要があります。

それを知ったうえで、やっぱり私は結婚したいんだなのか、なんだわたしは結婚しなければならないとおもっていただけで、本当は望んでいなかったんだという自分の本当の声が見えてきます。

結婚しても、結婚しなくてもどちらでもよいのですから。あなた自身の価値は結婚しているか、いないかで変わるものではないからです。

私は2006年に一度目の結婚、4年の結婚生活を送り離婚後、本当に自信を無くしました。私は人を愛するとか無理だし、私を愛してくれるひとなんて誰もいないと「結婚はもういいかなー」と言っていました。これ以上傷つきたくないと殻に閉じこもり、本当はソウルメイトに出会いたい、愛したいし愛されたいという望みを持つことすら自分に許していなかったのです。

昔は絶対できなかった。ホントは大好きな人にもこんなアホづら見せて一緒に笑いたかったんだと知って自分がスッキリした。

自分の本当の声を聞く、知ることは自分一人ではなかなかたどり着けない場合もあります。その声を引き出すサポートをセッションではさせていただいてます。出してはいけないと内側に溜め込んでしまった感情エネルギーを解放しやすくするサポートを得意としています。深い感情解放が起こると本来の自分の気持ちも自然と出やすくなります。

明日は自分の本当気持ちを知り、在り方をみていくことについてです。

つぼちゃんもみほぐし