長野県飯田市「メランジェ」で楽しい食事と夜桜デートで感じた世界

満開の桜を見て感じる大宇宙と小宇宙

以前に教えてもらって

お気に入りのお店になった

「メランジェ」さんへ。

明太子と大葉

イベリコ豚のハンバーグ🐽

旦那さん「これって牛肉?」

私「イベリコ豚だから豚肉」

とすかさずツッこむ!!!!

安定な天然っぷり。

自分が食べたいっつって

頼んだんやろがい!笑

何度も食べたくなる「ラクレット」

楽しい、笑う…

会話が「光と闇」になり、

「陽に振り子が大きく振れたら

陰にも同じだけ振れるよね」って

話をし始めた旦那さん。

「自分は極に振れるのが怖いのかもしれん」

そんなことを素直に語る旦那さんが

素晴らしいと思うのですが…

それだけ大きく震えることを魂は

知っているのだよ。

偉大さをわかっている。

地球に来て味わえることが醍醐味。

私がどう振れても

大丈夫でいてくれたように

あなたがどう振れたって大丈夫だけど

それをますます夫婦で体感していこう

と進んでいけるのが嬉しい。

会話の内容が噛み合わず

言語が違うのか?くらいになり

非常にストレスを感じた時期がある。

まぁ私の拒絶感だったんですが…。

エネルギーで会話をしていくから

言わなきゃ絶対わかんない

なんてこともあまり感じなくなった。

美味しい食事に会話も弾む。

そのあと大宮諏訪神社までの

桜並木をゆっくり歩く

満開の桜が美しい。

1本の大きな桜に触れさせてもらった。

ずっとここでこの土地を見守って

きたって感覚が伝わってきて

込み上げてくるものがあった。

そのあと、スーパーで買い物の前に

飯田市座光寺の「麻績の里舞台桜」を見に。

こちらもほぼ満開。

飯田市ホームページによると

胸高周囲約4m、樹高約12mの古木で、開花時の美しさで知られているシダレザクラ(※1)です。

特徴的なのは、5枚から10枚という不安定な花弁の数です。このような変異(※2)のサクラはほかには知られていませんが、財団法人「日本花の会」により、新品種と判定されています。半八重(はんやえ)シダレザクラともいわれています。

※1 シダレザクラ:枝が柔らかく、下に垂れるサクラの総称です。

※2 変異:同じ種類の生物の中で、形や性質が異なることをいいます。

全文はこちら

これは7枚っぽい。

なんか夜桜は特に…

妖艶な美を感じる

その美しさは心を奪われ

戻ってこれないような

少し怖いくらい。

そして切なく苦しいような。

これもまた桜の放つ愛なんだな。

しだれ桜の木の下で

儚く消えてしまいそうだった。

っていうか、無いことを感じるのが

怖かったんだ、私は。

そもそも私たち自身もそうだけど

この宇宙全ては0か1の繰り返しで

固有の周波数の波になっているだけで

本来は何もない。

だから消えてしまう恐れや

自分がなくなってしまう不安

とか自体が幻想なのだ。

そう思ったら

自由がないはずはないし

これが愛で、それは違う

などということ自体消える。

その観点の世界に自分は立つと

決めることをしていくだけ。

だから「自分はこうだ」と

自由に確立していけばいいし、

その自分は

とてもしなやかで柔軟な存在で

不完全さが完全として存在する。

様々なエネルギーと混ざり合った

としても、また今ここに

存在する者として

この世界にあらわしたらいい。

自分がクリエイターとして

創造したい世界は目の前に。

自分が創造していくのだよ。

大地を踏みしめて喜び楽しむのだ。

感じる宇宙をコトバにした時点で

なんか違う気もするが…。

言葉に乗っかる

この感覚のエネルギーを

感じてくれる人に伝わったら嬉しい。

ずっと桜を好きだわーと

感じなかったところや

桜の木の下で宴会?ムリムリ

ってなってたのも

なんかようやくわかった気がする。

最近周波数の感覚の違いの感度が

また開いてきたから

理解できなかったことが

すんなり腑に落ちる感じする今日この頃。

もう漠然とした恐れから

目を逸らさなくても大丈夫なんだ。

旦那さんと食事して夜桜デート♬

連れて行ってくれてありがとう。

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし