セッションを提供する自分が浄化をコツコツ続ける

個人セッションのこと

結局のところ…

自分のこれが真実だと

思い込んでいる世界は

自分の思いが現れている世界だと

気づくことが大切だと

私は感じています。

自分がどう捉えているかが

まともに目の前の現実に

現れます。

セッションでは

自分の感じている事や捉え方が

正しいとか悪いという2元性を超えて

自分の信念、思い込みが

作っている世界だったんだ

という全く新しい捉え方に気づきます。

感想をいただきました。

想像を越えたところに着地できます。自己探求って玉ねぎを1枚1枚はがす作業っていいますが、核に近い部分が直美さんのセッションでは一気に気づけます

いくつもの信念体系、いわゆるビリーブと

かブロックといわれるものは

たくさんあります。

土台となるコアなビリーフパターンを

セッション中に気づき完了していく

ことが大切だと感じていて

土台となるコアなビリーフパターンが

解放され瞬間ヒーリングが起きると

同時に周りに付随する

ビリーフパターンも多く

解放されていきます。

ですので1回のセッションでも

大きく世界の捉え方が

変わることになります。

深ければいいってわけじゃなくて

ヒーラー、セラピスト側が

意図し癒す必要はないということ。

予測も必要ないし予測なんかできないし

自分のエゴからの癒してあげたいとか

こういう風になったらいいよねなんて

決め付けはもっと必要ない。

ただ着地することを信頼する。

この時間、来てくださった

クライアントさんへの敬意、偉大さの信頼

をまず自分が完全に信頼する。自己信頼。

それは自分の内側の現れだから。

そして宇宙そのものへの信頼。

本人が許可した領域で最高最善な

ことが起きる、ただそれだけ。

こちらも合わせてお読みください。

私が全ての領域をカバーできる

とは言えません。

自分がずっと困難苦難を感じながら

それでも向き合ってきた

親との関係性や

インナーチャイルド

パートナーシップの領域

要するにまず土台という領域、

学び続け自分自身が

解放し続けることで

信頼がより深まりました。

これでよし、というような領域はないと

私は感じているから、不足感とか

ネバ、べきでもなく

苦行ともおもわなくなったし

ドラマにする必要もないとかなり理解

できてきたし、奢ることなく、

自分の浄化、解放を

コツコツやっていきます。

そしてそれを自分の提供する

お金をいただくセッションや

ヒーリングに循環していけたら

と思っています〜

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし