不完全だと知っているから、チカラ合わせて歩いていきたい

私たちには1人1人役割がある。

好きなこと、得意なこと、

なぜかこれをするように導かれること。

それを日常で最大限活かして

それぞれが自分の生き方をしていく。

みんな違うからおもしろい。

1人が360度、生きる全ての側面を

カバーできるなんてそもそもあるのかな?

無いよね、笑笑

以前、私はそんな完璧な人間に

努力して頑張ってなろうと

していたのかもしれません。

だからできないところを

克服しよう!なんとか超えよう!

と必死でガチガチになって

いったのだと思います。

勝手に劣等感を抱き

できない理由を見つけては

自分を納得させて。

本当の意味で人へ感謝と尊敬と敬意を

忘れてしまっていく方向へ進んでしまう。

成長するってそういうことじゃない。

自分が不完全だと受け入れ卑屈ではなく

あきらめでもなく、ダメでもなく、

ただ不完全なのだから

そういうものなのだ。

私の中の苦手な意識が出てしまう

領域なことも理解して認めて許していく。

だから私の苦手な領域が好きで得意で

すごいなぁと思っている事を

自分の役割だと知っていて

ご自身の創造する世界で

イキイキとされている方と

共にチカラを合わせて

世界を創造していきたい。

そこに無意識の優劣が働くと

バランスは成り立たない。

苦手だなと感じるから正直拒絶感が

出る場合もあります。

一瞬で無意識が劣に入る瞬間がある。

エゴは無くならないので。

ただ気づくようになりました。

それは自分の中の拒絶感に過ぎず

自分の中の苦手だなと感じる

事を認めるから、エゴに気づくと

相手の役割を大切に感じる。

本来の愛と優しさを

自分の内側に思い出していきます。

どちらも大切で必要だから

お互いの良さにフォーカスして

創造していくことへ意識を置いていく。

以前の私にはこんな感覚がなかったのです。

ヘンテコなプライドが邪魔して。

そんな世界をやめるだけでした、笑

私は私を生きることしかできないし

私を生きたいと思う。

素直に正直になり生きていくことが

セッションとかお仕事の場だけではなく

日常生活の中で穏やかで楽だと

感じられる日々がありがたい。

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし