自分が本当にやりたいことを発信するために頭を柔軟に発想を引き出していきできることをしよう

1人1人が個性を発揮する、それぞれがリーダーとなっていく時代。古い概念、ネバ、ベキに囚われることなく柔軟な発想が必要となる

それは個人でお仕事をすればいい

って事じゃない。

雇用されていても

言われたことをただやればいいとか

給料をもらえればいい

生活、お金のために働くことが

できればいい…とかな生き方は

苦しくなると思われます。

自分らしく好きなように

自由に働く=個人事業主、自営業、経営者

って概念もただの思い込みだし

こういうところも丁寧に自分を疑って

いくと、様々なビックリ制限かけてる

思考パターンの設定が見えてくる。

組織でも雇用でも

自由に個を発揮してる

世界を創っている人なんて

いくらでもいる。

それが個性だ。

どんな世界にいたいと自分は

思っていて、それは魂からの望み

なのか?自分の中にある想いに

アクセスする。

今いる職場も自分が創っている世界なら

可能性が無限に広がっているなら

世界をよりよくするために自分が

その場で貢献することもできる。

誰かや何か(上司または部下、同僚、

会社、環境、景気など)のせいにしたり

言われるままに言われたことを

やっていればいいという在り方より

自分の人生の全てに責任を持つ

生き方を選択し、会社を通して

社会に貢献する自分の在り方だって

創れるし、自由がより広がる。

自分が目の前の

世界を変える1歩を踏み出したらいいし

イヤならさっさと辞めてもいい。

こういう自分になったらできる

こういう自分にならないとできない

なんて思う前に、今できることを

したっていい。

なってもならなくても

どちらでもいいし

どんな選択でも大丈夫。

ダメなことは何もない。

仕事じゃなくたっていい。

大いに遊びたおして

楽しさを極めていくから

自分の好きに到達して

見えてくるものがあるかもしれない。

自分の人生に責任を持つ生き方を

どこでもどんな場でもしていかないと、

結構キツい時代に突入したし、ますます

シンドくなるかもしれません。

ホロスコープでもはっきり

出ているそうですよ。

先日ある方とお話をしていて

中々自分の提供しているメニューで

集客に繋がらないとのこと。

メニューの打ち出し方が

学んだことを名前もそのまま

メニューにしていたが、

よくよく聞いてみたら

やってる内容はかなり

オリジナルになっていた。

もったいない!

集客をどうしようかと言う前に

何をしてる人なのかそもそも

打ち出していないのだから

知ってもらえたらいいよね。

セッション名を新たに作り

オリジナルなその内容が

簡潔にわかるように

発信の仕方も変えようという話になった。

頭を柔軟にして発想の転換を

引き出していけるとよい。

1人1人が個性を持ち素晴らしい

存在なのですから。

ホントに発信してることが好きで

たまらないならよいのだけど、

学んだ別々のものたちをミックスして

オリジナリティで創造し、発信した方が

個をより発揮できる場合がある。

仲間を見てても本当に

シータヒーリングが大好きで

シータヒーリングが伝えたい事

って人はやっぱりシータヒーリング

を前面に打ち出して輝いてるんですよね。

自分の魂を輝かせる、いのちが喜ぶことを

発信していけたらいいですよね。

どんなスタイルで個人のお仕事をしたい

のかも人によって全く違う。

どう在りたいのかも大切だし

自分で全て選択し決められる自由が

あるからこそ概念に囚われたりして

自分の枠の中だけで考えていたら

もったいない感じがする。

自分でわからなかったら聞けばいいし。

一人でなんてやろうと思わずに。

知らないことが恥なのではない。

知らないままにしておくことは

自分の可能性を止めてしまう

感じがするのだよね…

難しく考えずに、なんでもやってみよう。

あなたが今したい事を何より優先しよう!

思うままに丁寧に生きよう。

via PressSync

つぼちゃんもみほぐし